メンズにおすすめの水着の選び方

ポイントを抑えたメンズ水着の選び方

メンズ

メンズエステサロンも普及してきた背景からか、メンズ水着のデザインも以前と比べると豊富になってきました。

 

選び方も女性の水着選びと同じようなポイントに、色柄を思い切り楽しむスタイルが流行の兆しです。

 

ただ、視線が露骨に向けられるビキニパンツは
女性の間では受けがよろしくないので、避けるべき
でしょう。

 

メンズの水着はシルエットに限りがあるので、
選び方のポイントはシンプルに使い道で考えるとよいと思います。

 

一つは、スポーツジムでの使用。もう一つはレジャーでの使用です。

 

スポーツジムでの水着選び

動きやすそうな競泳用のビキニパンツを購入する方もいますが、スパッツタイプのフィットネス水着がおすすめです。

 

最近のオリンピックでの競泳映像からも垣間見て気づかれたと思いますが、腿を包み込むものが多く使われています。

 

水の抵抗をなくす素材で肌をカバーすることで、競泳の力が存分に発揮できるというもの。

 

 

スパッツタイプは下半身がキュッと締まるので安定のある泳ぎが可能になります。

 

馴れるまで少し時間がかかるかもしれませんが、
試着してみて少しきつめの感覚を覚えるサイズを選びましょう

 

イケメン男性たちの水着によるトーナメントの様子ですが、
イメージとしましてはこのような感じですね。

 

 

着用の際の注意点

直穿きは出来ればやめにしましょう

 

水着自体がフィットしているので大丈夫とおもわれがちですが、
インナーショーツの着用をお勧めします

 

ピタッとお尻から腰周りをホールドするので、
水中での動きがスムーズになります

 

また、フィットネス水着は生地が薄く脆化も早いので
何枚か購入しておくとよいです。

 

レジャーでの水着の選び方

レジャーでのメンズ水着は、サーフパンツが主流になっています。

 

見た目もクールで、節だった男性特有の足が露にならないので、スタイリッシュな印象に。

 

丈の長さは膝上ラインが良いでしょう。

 

長い丈をローウエストでルーズに穿く着こなしもありますが、足が短くみえて体型が貧相に見えがちになることもあります。

 

トランクスタイプの短い丈ものありますので、
試着の段階で両方を試してみて、しっくりとくるものを選びましょう。

 

色目に関する注意点

色目は体型が太めの方は淡い色はやめておきましょう
膨張色ともいわれる淡い色目は、体型をぼやけさせてしまいます

 

濃い色目は収縮色で、横広がりの体型を引き締めてくれますので
黒っぽいものがよいですね。

 

細めの体型の方は逆に膨張色である薄い色目をベースカラーにしましょう。

 

トップスにも気を配る

お気に入りの一着がきまったら、トップスが裸のままではお洒落ではありません。

 

紫外線による皮膚ダメージを防ぐ目的のためにも、ラッシュガード機能のあるトップスを着ましょう。

 

丸首よりもVネックのもののほうがスッキリとします。ワイシャツを着るビジネスマンにおいては特に、Vラインのものが日焼けが響かないのでおすすめです。

 

ポロシャツ仕様のアクアシャツも素敵です。

 

流行を取り入れたい方は半そでのラッシュパーカーを
Vの字ラインまでジップをあげて着こなしてみては如何でしょうか。

 

関連ページ

水着を傷めない洗濯方法と保管の仕方


人気の水着を多数販売


男性(メンズ)の方の場合、水着選びにはどういった点に注意して選べばよいのか、スポーツジムやレジャー向けなど目的別にご紹介しています。