胸が大きい場合の水着選びのポイント

胸が大きくキュッと締まった誰もが羨む体系へ

胸が大きい方向けおすすめ水着を紹介

胸が大きい女性

ボリュームのある胸は羨ましいスタイルに思われがちですが、水着姿がセクシーに見えてしまうというデメリットがあります。

 

胸が大きい方の水着選びにおいてボリュームを気にする場合は、スッキリと胸元をかためることがキーポイントです。

 

もし、見せたくない部位にあえてアクセントをつけてしまうと、
かえって逆効果に輪をかけてしまいます。

 

Simple is best
すっきり魅せるカバーテクニックの合言葉です。

 

胸が大きい方の水着選びのポイント

水着選びの注意点としては次のことがあげられます。

 

バストラインを強調しない

 

上半身を強調しないようにするのが第一の実践法です。

 

バストラインに沿ったバンドゥビキニや三角ビキニは
バスト幅を増長して、セクシーになりがち
です。

 

縦のラインで視線をおとすことが回避策となります。

 

ホルターネックは斜めにVの直線ラインが入るので、胸が綺麗に収まり爽やかな着こなしができます。※安定感のあるワイヤー入りのホルターネックがお勧めです。

 

また、収縮色である黒色にすると更に引き締まったバストラインを導き、クールな胸元を印象づけます。

 

ボリュームのある胸にはアソートカラー使いが合っていて、濃い色の配分を肌面積に考慮することが大切です。

 

はみだすことのない、胸をしっかりホールドする
サイズの水着を選ぶことが要
になります。

 

そのうえで収縮色がバストラインを強調しない、
引き立て効果を作りあげるのです。

 

アクセントや飾りのついたものは避ける

 

バストラインにアクセントや飾りが目につくと、胸自体に視線が注がれてしまう原因を招きます。

 

フリル、大きな柄模様(花柄やボーダー柄)、白メインの膨張色、ワンポイントなどは絶対に避けましょう

 

アンダーラインにレースをあしらったものやギャザーが入ったものもNGです。

 

胸元は常にすっきり演出することが重要です。
また、袖のある水着においても注意が必要です。

 

半袖仕様のパフスリーブはバストラインと連動して
ボリュームをイメージさせやすいのでお勧めできません。

 

袖がある場合にもシンプルを心がけましょう

 

実際の着用にあたっての着こなしテクニック

黒やビビッドなカラーラインのホルターネックに、ボトムスで花柄のトレンカやショートパンツを組み合わせてもよいですね。

 

基本的に、胸にアクセントをおけないぶん、下半身でインパクトのある着こなしをするとビーチスタイルも抜群に決まります。

 

トップスがシンプルなので、ビキニパンツで思いっきり二段フリルを楽しむことも可能です。

 

襟ぐりの大きいTシャツを着て、ホルターの首後ろにある結び目をさりげなくみせるスタイルもスタイリッシュです。

 

デニム風のショートパンツやサーフパンツをボトムスにしても様になります。

 

パーカー型のラッシュガードを羽織って、ジップを胸元すれすれの
Vの字ゾーンでとめてみても、胸のボリュームが気にならずすっきりと、
スポーティーに着こなせます。

 

胸が大きくても、軽快で爽やかな水着スタイルは実感できます。
夏に向けて沢山の着こなし術を身に着けましょう。

 

関連ページ

ぽっちゃり体型の水着の選び方
お尻が大きい場合の水着の選び方


人気の水着を多数販売


胸が大きい場合にどういった水着を選べばよいのか、水着選びのポイントや注意点などをご紹介しています。