ぽっちゃり体型の水着選びのポイント

ぽっちゃり体型がコンプレックスだった女性も多数実践されてます。

ぽっちゃり体型の方向けおすすめ水着を紹介

ぽっちゃり体型の悩み

お腹周りのお肉が気になるぽっちゃり体型。ぽっちゃり体型はセットもので隠すカバーがしやすいので、水着選びに悩む必要が少ないと思います。

 

バストラインから裾にむけて広がっている、ふくらみのあるラインが似合っています。

 

ぽっちゃり体型に似合う水着と、水着選びの注意点をいくつかあげてみますので参考にしてみてください。

 

2013ぽっちゃり体型におすすめの水着は?

キュロパンのコンビネゾン

全体的にふわっとした感じがある、今年のねらい目路線です。

 

上下に分かれていないローウエストラインで、脹らみに絞りがありキュートなスタイルです。

 

オフショルダーのトップスで首にかける華奢な紐があるタイプでは、赤などのさし色にすると更にお腹まわりから視線が上にむかいます。

 

紺地に細かなドット柄が流行の兆し大です。

 

Aラインのホルタータンキニセット

首から胸元までのすっきりとしたVネック。

 

アンダーバストから切り替えされるAラインのゆったりとしたシルエットは、ぽっちゃりとしたお腹周りが全く気になりません。

 

膨張しない締まった色合いを使うと良いでしょう。

 

柄物ではエスニック調や小花柄がおすすめです。

 

チュニックの組み合わせ

体に張り付かない、ルーズなフィット感。

 

ショートのジョギパン仕様のボトムスで、トップスのチュニックが更に引き立ちます。

 

 

水陸両用水着として、着まわしが抜群のセットアップです。

 

 

ぽっちゃり型の水着選びの注意点

全体にふわっとした着こなしにしましょう

定番のワンピースは裾広がりであっても、生地そのものが
体に密着するデザインなのでぽっちゃり型に向いていません

 

タイトなものは、体のラインが露骨に現れるのでやめておきましょう。

 

引き締め効果のある収縮色を取り入れましょう

淡色やパスレルカラーは綺麗な色合いですが、
体を膨張させる色目でもあります。

 

ぽっちゃり型においては広がりのあるボディラインが
強調される傾向にあります。

 

ビビッドな色合いや、黒などのはっきりしたカラーで
引き締める作用をフル活用しましょう。

 

大柄は基本的にパスしましょう。

色目とおなじく、柄物も体を横広がりに大きくみせる
錯視効果が考えられます。

 

大きな花柄、太いボーダー、大きな水玉柄は着用することで、
柄そのもが太めの体によって横伸びする
ことも。

 

柄物を選ぶのならば、リバティー柄のような小さな花柄や、
細かなドット、不規則なエスニック柄がよいでしょう。

 

ウエストラインは視線をそらすように工夫する

ぽっちゃり型はウエストラインのくびれがないので、
ウエストを強調しないように心がけましょう

 

セットアップカバーはトップスがお尻の中腹まで
長いので心配はいりません。

 

単品のマリンアイテムを使う場合には、ローウエストスタイルにして、
脹らみのあるウエスト周りに視線がいかないようにします

 

 

昨年に引き続き、ゆるふわのラインを用いた
セットアップ水着は今年も人気で、種類も豊富です。

 

パレオで、ゆるりとしたキャミに変わる物などもあり、
ぽっちゃり体型には嬉しい新作がずらり。

 

複数購入して、さらに自分流の組み合わせを楽しんでみてもよいですね。

 

関連ページ

水着による体型カバー術
お尻が大きい場合の水着の選び方


人気の水着を多数販売


ぽっちゃり体型の方の場合、どういった水着を選べばよいのか、おすすめの水着をご紹介しています。