リゾートでおすすめ水着選び

リゾートでおすすめ水着選びを体型別に紹介

リゾート地

今年の水着は昨年よりも、タウンで着れる水陸両用タイプが目白押し

 

泳ぎだけでななく、ちょとした街遊びにも使えるので、リーゾートには持ってこいのスタイルです。

 

ワンピース、タンキニなどの定番水着も、水陸両用のセットアップで様々な着こなしができて見ているだけでワクワクします。

 

気になるリゾートの行き先も、あれこれ思案するだけで幸せ気分一色です!
中でも、最近人気のアジアビーチは手付かずの自然も存分に満喫できてお勧めです。

 

プーケット、サムイ、ペナン島・・・。
訪れるだけで、心のお洗濯ができそうですね 。

 

今年の水着の流行はバンドゥビキニ

チューブトップにワイヤーが入ったものなので、体型を気にせず着用できます。

 

リゾートではやはり、開放的なビキニスタイルが新鮮でよいですね。色目は綺麗な発色のネオンカラーが注目を集めています。

 

体のラインが気になるビキニスタイルは憧れていても、なかなか躊躇われる方も多いと思います。

 

そこで、セットアップで大いにビキニスタイルをリゾートで楽しみましょう。

 

紫外線防止効果も相乗して、お洒落に着まわしができるので
違和感なく洋服感覚でトライできますよ。

 

リゾートスタイル水着はビキニできまり!

 

下半身が気になる方むけのビキニの着こなし

ぽっちゃり型

下半身を締めるように魅せる錯視効果を活用します。

 

トップスはビキニのままで、下半身はレギンスの濃い色目のものを穿きましょう

 

その上に、デニム素材のショートパンツを組み合わせると、クールで且つ全体がまとまります

 

サンダルも大きな飾りをつけたものにすると、目線が気になるボトムにおちることがありません。

 

現地でリゾート気分一杯のサンダルを調達してもよいですね。

 

パレオは長短のメリハリがかえって、
体型を悪く見せてしまうことがあります

 

自分の足が一番綺麗に見えるラインを鏡の前で確かめて、
長さのバランスをはかりましょう。

 

細身型

淡色系の色でボリュームを出します。
二段使いのフリルショートパンツや大きな柄のパレオが効果的です。

 

レンギスも今流行の花柄やドット柄が似合います

 

上半身が気になる方むけのビキニの着こなし

ぽっちゃり型

ビキニをさし色にして、黒色のラッシュパーカーを羽織ってトップスを引き締めましょう

 

ネオンカラーがちらりと覗いて、とてもお洒落です。

 

ビキニと同系色のヘアアクセサリーをつけると、視線が上にあがります

 

 

 

細身型

カップの部分がフリルになっているものや、
色の薄いものをビキニに持ってきます

 

ラッシュパーカーは膨張色であるグレーラインがよいでしょう。

 

デザインはゆったりとしたドルマンスリーブや、
ボリュームのあるパフスリーブがお勧めです。

 

リゾート地はアクティブに動くので、マリンバッグには
セットアップを考えたコーデを入れておきましょう。

 

また、時季によって肌寒さを感じたりするので、
パーカーを忍ばせておくことは大切です。

 

お出かけが決まったら、事前に現地の気候チェックを
忘れないようにしましょう。

 

着用後の水着のお手入れについて

シャワーを浴びたら、乾かすだけという方も見受けますが・・。水着を長持ちさせる為にもお手入れは肝心です。

 

次の日も状態よく水着を着られるようにしましょう。

 

海水やプールに浸かった水着は、そのまま放っておくと、色落ちや劣化につながりますし臭いも出ます

 

シャワーでしっかりと塩分、塩素を流したら、ホテルの部屋でも洗面器にお水を張ってしっかりと濯ぐように洗いましょう

 

濯いだら、中性洗剤を入れたお水で押し洗いして、
しっかりと水道水で洗い流します。

 

洗い終えたら絞らず、タオルでくるんで水分を飛ばします。

 

水着は型崩れしないようにハンガーにかけて
風通しのよいところで干しましょう

 

現地調達でも構いませんが、お洒落着用の洗剤を
小分けしたものを用意しておくとよいですね。

 

関連ページ

水着を傷めない洗濯方法と保管の仕方
水着を着るなら知っておきたい無駄毛処理


人気の水着を多数販売


リゾートで似合う水着スタイルについて体型別にご紹介しています。