スポーツ水着の選び方のポイント

スポーツ水着を買う前に確認していおきたいポイント

プール

スポーツ水着というと、オリンピックなどの競泳種目のイメージが強く沸いてくるのではないでしょうか・・・。

 

水の抵抗力をなくすために開発された薄い素材に、瞬発力を生かすためのスパッツ型など、見るからにプロフェッショナル使用です。

 

一般向けには少し縁遠い感じのするスポーツ水着ですが、
昨今はアクアビクス用のトレーニングウェアとしても人気が高まっています

 

また、ジムやスイミングで好まれるようになってきたことからか、
そのネーミングも変遷がみられます。

 

泳ぎ重視の競泳スタイルはレーシングフィットネス水着・・・。
スポーツジムやスイミングでのトレーニングスタイルはフィットネス水着・・・。

 

フィットネスと聞くと身近にスポーツ水着を感じられますね。

 

春から気分を一新して、夏の薄着スタイルに向けて
水泳をはじめようという方も多くいらっしゃると思います。

 

スポーツ水着を購入する前に、選び方をある程度知っておくとよいでしょう。

 

スポーツ水着を買う前に知っておきたい選び方

スポーツ水着は少しきつめに感じる程度がベストサイズです

プール

プールに入った時のことを思い出してみて下さい。泳いだ後の水着はダブダブと大きく感じませんでしたか?

 

水着は濡れると、水分を含んで生地が繊維方向に伸びる特徴を持っています。

 

よく、体の線をカバーしようとワンサイズ上の水着をあえて選ぶ方がいますが間違いです。

 

大きいサイズの水着では水の抵抗力をダイレクトに受けてしまい、
泳ぎに支障をきたしてしまいます。

 

試着したときに少しきついと感じるものが水中では動きやすく、
泳ぎ重視のスイミング用に適しています

 

目的別でデザインを選びましょう。

 

セパレートタイプ

生地が厚いので、泳ぎを重視するトレーニングには向いていません

 

飛び込みのときなど、上下で別れているので
水着が捲れて脱げてしまうこともあります。

 

ウォーキングやアクアビクスなどに有効なスタイルです。

 

水中でのトレーニングで体型が気になる方や、
スイミング初デビューの方におすすめです。

 

着脱が簡単なので扱いやすいです。

 

ワンピース・オールインワンタイプ

マルチタイプの泳ぎ重視派向けの水着です。

 

ワンピースは足まわりの動きがスムーズなので、
長時間泳ぐトレーニングに最適です。

 

オールインワンはスパッツ型なので、
腰周りから太ももにかけてのラインも気になりません。

 

両者ともスイムからウォーキングまでこなせるフィットネス水着として使えます。

 

水陸両用タイプ

セパレートタイプや、ビキニ、ショートパンツタイプの
単品フィットネス水着を組み合わせると水陸両用で活用できます。

 

ジムで運動をこなしたら、そのままプールへという
効率的な使用法での愛用者が増えてきています。

 

競泳用極めタイプ

以前はハイレグタイプの物が主流でしたが、
オリンピックでもご存知のようにあえて体を包み込む
オールインワンが目だっています。

 

密着の強いフィット感、水の流れにスムーズに
乗れるレーシングフィットネス水着です。

 

本番ではタイムアップ効果を上げる生地の薄い物を着用します。

 

トレーニングにおいては、あえて厚い生地のものを着用して
水分吸収を促し、体力をつけるために負荷をかけます

 

使用頻度に合わせて水着を揃える

プール

水着は耐久性があるように見えて、使用時間に限度があるのをご存知ですか?

 

繊維も着用により伸びてしまい、競泳用のものでも100時間を超える場合は買い替えを推奨しているものもあります。

 

購入にあたっては、各メーカーによって違いますので、本格的に水泳を始める方はきちんと調べておきましょう。

 

一着を何年も着まわすのも好ましくありません。

 

使用回数が少なくても、生地が劣化傾向にありますので
注意が必要
です。

 

毎日のジム通いには複数水着を用意したほうがよさそうです。

 

気分転換をはかってトレーニングに臨めるように、
何着かを揃えている方もみえます。

 

新しい季節にむかって、新調したスポーツ水着で
軽快にスイミングライフを楽しみたいですね。

 

関連ページ

水着を傷めない洗濯方法と保管の仕方
水着を着るなら知っておきたい無駄毛処理


人気の水着を多数販売


スポーツ水着を購入する場合、どういったサイズを選べばよいのか、目的別におすすめのデザインなどをご紹介しています。