水着の種類と傾向

水着の種類や主な特徴について

水着の種類について

水着の種類は昔と比べると、本当に色々なスタイルのものが登場するようになりました。

 

とくに今年は水陸両用タイプといって、普段のタウン着をそのまま水着素材に対応させたものが多く取り入れられているので種類が更に豊富になった感じがあります。

 

水着の種類は一体何種類あるのでしょう?
どんなタイプがあるのでしょう?

 

競技用の水着、スクール水着、ワンピース水着、ビキニ・・・。
素人目からいえるのはこれぐらいが限界ではないでしょうか。

 

では、今年発表された水着ラインからお勧めしたい
種類の水着をあげてみたいとおもいます。

 

セット物

・ワンピースとロンパースを合わせたスタイル
・ドットフード付きワンピーススタイル
・タンキニ3点セットスタイル
・バイカラーのセット

 

ビキニ

・バンドゥビキニ(チューブトップ)
・三角ビキニ
・レイヤードニットホルタービキニ
・ホルタービキニ
・フリンジビキニ

 

水陸両用タイプ

・ドルマンパーカー
・ビッグTシャツ
・アクアシャツ
・アクアポロシャツ

 

ラッシュガード機能搭載水着

・レギンス
・トレンカ
・ショートパンツ
・ラッシュパーカー

 

主だった特徴があるもの

バイカラーのセット

定番のパレオがキャミソールに変わる、着こなし主体の種類
タウン着だけでなく、洋服とも合わせられるマルチウエアになっています。

 

バンドゥビキニ

チューブトップにワイヤーを入れたスタイル。
従来の着こなしにくかった短所を見事にクリアした仕様です。

 

レイヤードホルタービキニ

胸元が美しいレイヤードにかぎ針編みの水着を重ね着したタイプ。
異色素材が見事にコラボした、今風のスタイルです。

 

アクアポロシャツ

ポロシャツなのに、水着というニュータイプ。
ビジネスライクな男性に格好良く決まる種類です。

 

おすすめ

今年のトレンドだけでも色々な種類の水着がありますが、一押しは昨年から若い女性にも人気大のラッシュガード機能水着です。

 

日焼けから全身を守ることができ、しかも、スポーティなお洒落感があって、水辺でも決して浮くことはありません。

 

レギンス・トレンカ・ショートパンツのスタイルにさらりと羽織るラッシュパーカーはクールです。

 

袖が手の甲まで長くあり、親指の穴が作ってあるので、
指の第二関節まで、完全に日焼けを防止してくれます。

 

産後の体型が気になるヤングママや紫外線から
お肌を守る慎重派お洒落さんに口コミで広まっています。

 

関連ページ

水着の素材
人気の定番水着


人気の水着を多数販売


2013年は、どういった水着が発売されるのか、種類や人気が出そうな水着の傾向についてご紹介しています。